周辺観光

地図を表示玉木文之進旧宅

玉木文之進旧宅(たまきぶんのしん/1810〜1876)

伊藤博文旧宅からつま先上がりの坂道を登って行く左手に、門前に石碑が建っています。
吉田松陰の叔父にあたり、杉家から出て大組40石の玉木家を継ぎました。
生まれつき学識に優れ、松陰の教育にも大きな影響を与えました。また、近くの児童を集めて教授し、「松下村塾」と名付けました。
 この塾の名称は、久保五郎左衛門が継ぎ、1855年(安政2年)には松陰が継承して、名を天下にあげるに至ったことから、この旧宅は松下村塾発祥の地と言われています。
建物は、木造茅葺き平屋建てで、8畳の座敷のほか4畳の畳部屋・3畳半の玄関・4畳半の板間と土間の台所があります。湯殿と便所が別にあります。

【玉木文之進旧宅】
観覧時間 9:00 から17:00 年中無休
料金 無料
萩本陣から徒歩約10分
ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っています。

  • 会社概要/宿泊約款
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ページの先頭へ