「花燃ゆ」ゆかりの散策マップ 大河ドラマ 「花燃ゆ」のヒロイン・文(ふみ)ゆかりの地「旧松本村」を散策。

旧松本村散策コース

当館周辺は、平成27年の大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公・吉田松陰の妹・文(ふみ)ゆかりの地「旧松本村」にあたります。今も息づく、歴史ロマンに触れる散策スポットをご紹介します。散策コース

散策マップ
松陰神社

松陰神社

明治23年に吉田松陰を祀り建造されました。年始には、学問の神様として勧学祭(合格祈願祭)が行われます。境内には、松陰ゆかりの史跡が数多く点在しています。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

松下村塾

松下村塾

幕末期に松陰が講義した私塾です。ここでは誰もが身分に関係なく学ぶことができ、幕末維新に活躍した多くの逸材を輩出して来ました。国の史跡に指定されています。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

吉田松陰幽因ノ旧宅

吉田松陰幽因ノ旧宅

仮養子だった松陰は、当主の死後、実家杉家で育ちました。24歳の時に現在の松陰神社の地へ転居しました。この地で幽閉生活を送った松陰は、後に松下村塾を主宰しました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

松陰神社宝物殿「至誠館」

松陰神社宝物殿「至誠館」

吉田松陰が遺した著述をはじめ、物品を永久保存することを目的に建てられました。またそれらを 展示することで、松陰の思い・考えを現代に伝えます。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

伊藤博文旧宅・別邸

伊藤博文旧宅・別邸

松陰の教え子であり、初代内閣総理大臣、伊藤博文の旧宅・別邸です。旧宅は、木造茅葺き平屋建ての家ですが、別宅は東京に建てた広大な別邸の一部を移築しました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

玉木文之進旧宅

玉木文之進旧宅

松下村塾の設立者であり、松陰の叔父である玉木文之進の旧宅。松下村塾の始まりは天保13年で、近所の子ども達を集めて塾を開き、松下村塾と名付けました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

吉田松陰誕生地

吉田松陰誕生地

松陰と文が生まれた地です。現在は建物はなく、間取りを示す敷石のみが残されています。また近くには、吉田松陰と金子重輔の銅像が建てられています。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

吉田松陰墓地及び墓所

吉田松陰墓地及び墓所

松陰の没後、百ヶ日忌に建てられました。この墓所には、玉木文之進、久坂玄瑞など一族の墓のほか、門下生の墓も立ち並んでいます。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

東光寺

東光寺

毛利吉就が1691年に築き上げた毛利家の菩提寺。重要文化財の総門、大雄宝殿、鐘楼など、中国風の堂々たる建築は見ごたえ満点です。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

山田顕義誕生地・顕義園

山田顕義誕生地・顕義園

顕義は、萩藩大組士である山田七兵衛の長男として生まれました。幼いころから松下村塾で学んだ後、討幕派の志士として諸隊を率いました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

揖取素彦旧宅地

揖取素彦旧宅地

松陰の死後、素彦が松下村塾を託されました。後に群馬県令となり、地域の教育や産業の振興に力を尽くしました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

その他の旧松本村散策スポット

吉田稔麿誕生地

吉田稔麿誕生地

足軽の長男としてこの地に生まれた稔麿は、松下村塾に入門しました。高杉晋作、久坂玄瑞、入江九一と松陰門下の四天王といわれました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

品川弥二郎誕生地

品川弥二郎誕生地

明治維新政府では内務大臣などを歴任する一方、西郷従道らと共に国民協会を組織しました。また、信用組合設立の為に力を尽くしました 。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

松島剛蔵旧宅地

松島剛蔵旧宅地

松島瑞蟠の長男として生まれた剛蔵は、揖取素彦の兄にあたります。最初の洋式軍艦の艦長となり、長州藩海軍局頭人に就任しました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

松浦松洞誕生地

松浦松洞誕生地

魚商の子であった松洞は、羽様西崖や小田海僊に絵画を学びました。各地の功績ある人物や、松陰の肖像画を描きその面影を世に伝えました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

片山東熊別宅跡

片山東熊別宅跡

日本近代建築の第一人者であり建築家です。代表建築には、有名な赤坂離宮(現在の迎賓館)や国立京都・奈良博物館などがあります。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

明安寺

明安寺

明安時は、 浄土真宗本願寺派の寺院です。勤王僧月性が本堂にて講話を7日間実施し、松下村塾生も受講したと言われています。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

広厳寺

広厳寺

広厳寺は、曹洞宗の寺院です。本堂の裏には、昭和12年に揖取素彦旧宅から移築したとされる茶室があります。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

萩市内「花燃ゆ」ゆかりのスポット

萩城跡(指月公園)

萩城跡(指月公園)

毛利輝元が関ヶ原の戦いに敗れた後、指月山麓に築いた城が萩城です。明治7年に解体され、現在は石垣のみが当時の面影を残します。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

旧周布家長屋門

旧周布家長屋門

萩藩大組士周布家の長屋門です。江戸中期を代表するような武家屋敷長屋の様式が残されており、本瓦葺きの木造平屋建ての建物です。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

高杉晋作誕生地

高杉晋作誕生地

晋作は、高杉小忠太の長男として生まれました。ここ誕生地には、産湯に使ったとされる井戸や自作の句碑などがあります。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

旧萩藩校明倫館

旧萩藩校明倫館

叔父から兵学師範を受け継いだ松陰は、明倫館で兵学の講義を行いました。揖取素彦もここで学び、後に松下村塾での指導を行いました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

円政寺

円政寺

高杉晋作が境内の大天狗面のもとへ度胸試しに訪れたと言われます。また同じ頃、小僧の伊藤博文が住職から読み書きを教わった場所です。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

野山獄跡

野山獄跡

酒に酔った藩士岩倉氏が、野山宅に押し入り一家を殺傷。野山獄は士分を入れる上牢になり、岩倉獄は庶民を入れる下牢となりました。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

泉福寺

泉福寺

吉田家の菩提寺。本堂には、吉田家の家系図や、松陰兄弟の写真、手紙、和歌などがあり、納骨堂の一番奥には、位牌もあります。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

久坂玄瑞誕生地

久坂玄瑞誕生地

15歳で兄と父を失った後、家督を相続した久坂玄瑞は、松下村塾では、高杉晋作とともに、双璧と称されました。松陰の愛弟子であり妹婿。

Mapで位置を確認スマホで位置を確認

「花燃ゆ」ゆかりの散策スポットマップ

萩市内循環バスのご案内

西回り「晋作くん」は城下町を中心に、東回り「松陰先生」は東光寺や松陰神社方面へ、萩市内をぐるっと回る循環バスです。料金は、どこまで乗っても100円のワンコインバスです。
◇ 萩循環まぁーるバスのご案内 萩市 萩循環まぁーるバス(路線図・時刻表)

レンタサイクルのご案内

萩市内の各所観光名所は、数多く存在します。そのひとつひとつを、自転車に乗ってゆったりと自分のペースで巡ることも、楽しみ方のひとつとしてオススメいたします。
◇ レンタサイクルの受付 当館フロントにお申し付けください。1時間160円。
  • 会社概要/宿泊約款
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ページの先頭へ